人妻からのメッセージ3



スタイルの良い綺麗な女性、

私のマッサージで、全身がピンク色に変わり

恥ずかしとか考えられなくなってるだろう

数回にわたり、大きく跳ね上がる快感をあじわい

ぐったりと横たわるからだ、


まだ、攻めは続く

壁にクッションを置き

背中をつけて

太ももの裏を、両手で抱えるM字開脚に導き

まだ深くは入れていない秘所に指をはわせる

Gスポットへのバイブ攻撃で敏感になってる彼女に追いうちをかけ

ローションでぬるぬるになってる秘所に指をあてがう

入れそうで入れないじらし攻撃

周辺や、アナルにはやさしく触るのに、肝心の部分は触れるか触れないかを繰り返す

「あ~っ~ン」

こえがもれはじめた、

ゆっくり中に人差し指と中指を浅く、深くを繰り返す

薬指で、アナルを刺激してマッサージ

あえぎ声が大きくなるにつれ

アナルもほぐれて、ふくらんできた、

アシストグッズを私じしんに装着、



バックの体制におしりを持ち上げ、

よくほぐれた秘所に、

半分までゆっくり、出し入れ 

身をよじり、あえぐ彼女、

「大きいの~ 太い~ 」

彼女は気付いていないみたい 

段々と、深く挿入ゆっくりストローク

奥に当たった時の反応が面白い

あまり強く押し付けると痛いので、

子宮の入り口がほぐれる様に少しづつ、少しづつ

ゆっくり押して、また引く、

腰を両手でおさえ逃げられない様に固定して

少しづつ奥に進む、また引き抜く、押し込む

段々と反応がすごくなり、4回行ったくらいにやっとアナルが変化、

そのころになると、アナルは大きく広がり、
シワの1本1本が伸びて平らになってきて
アナルの真ん中にすき間が現れ始めます。

ローションを塗り付けた、シッポを挿入
大きくのけぞり「だめ~」と言いながら、またいってしまった彼女

少しづつピストンのスピードを上げ、

反応を楽しむ、何度も跳ね上がる女性を見るのが大好き

徐々に、深く挿入できる様になり、一番奥のつぼまりを通過した感覚が来ます

激しくよがる彼女、ショートストロークのピストンを開始

おそらく一番深い壁に当たってる

一段と大きくそりあがった彼女を抱きよせ、後ろからキス

「いったの?」
「もう何度いったか解らない」

制上位の体制で挿入

また一番奥に当たる感覚

激しく突き上げると、左右に首を振り

近くのシーツなどを思いっきりつかんで引っ張るような行動を

シッポのリモコンのスイッチを入れた

大きくのけぞり、動かなくなったので

素早くピストンスピードを上げ

私も行く体制に

彼女も私にだき付き 喜んでいる

やっと、2回目の射精が完了

2人とも力つきベッドに倒れ込んだ、






ハッピーメールバナー

にほんブログ村 恋愛ブログへ

コメント